デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめランキング[原因と対策方法]

お洒落に気を遣う女性であっても、デリケートゾーンの黒ずみに関してはなかなか誰にも相談できない内容です。

最近は医療機関やサロンなどで様々な方法での治療が可能となっていますが、問題なのは自分に合った治療方法を理解していないことにあります。

それは単に方法の理解に留まらず、デリケートゾーンに黒ずみが発生する要因を熟知していないことで治療後の改善もスムーズにいかないという矛盾も発生するのです。

ここでは、そのさまざまな発生原因や治療法をはじめ、ケア法なども一緒にチェックしていきます。

デリケートゾーンの黒ずみの発生原因を徹底的にチェックしたい

普段見えないデリケートゾーンだからこそ、黒ずみはいつの間にか発生しているということも少なくありません。

その上、当の本人でさえもなぜ発生したのかが理解できず、それを考えるだけでストレスを感じるようになっていきます。

しかも、デリケートゾーンの黒ずみはその原因によって改善の仕方が大きく異なり、それを知ることはスムーズで安定的な改善に繋がっていくのです。それでは、その気になる発生原因をここでは見ていきましょう。

下着のサイズミスマッチによるデリケートゾーンへの摩擦

まず、黒ずみの発生しやすい身近な原因として、普段着用している下着類のミスマッチが最もメジャーなものです。

厳密に言うと下着サイズのミスマッチであり、サイズが小さすぎることで肌との摩擦が生じて黒ずみを形成するメカニズムになります。

これはデリケートゾーンで以外にもどの部位でも発生しますが、デリケートゾーンは蒸れやすい部位であることや悪化するまで発覚しにくいという事情もあって深刻になりやすいのです。

もちろん、この点は男性にも同じことが言えますが、女性の場合は下着の性質も関連してより症状が悪化しやすくなります。

普段着慣れた下着であるからこそ、デリケートゾーンの黒ずみが悪化してしまうという負のスパイラルを理解し、一度お使いの下着を見直してみてください。

⇒摩擦が黒ずみの原因の方には、保湿効果の高いニベアでの黒ずみケアがおすすめです。
ヒルドイドは保湿効果が非常に高い医療品ですが、デリケートゾーンの黒ずみ用に処方はされていません。

年齢を重ねることによる体質変化やホルモンバランス悪化

また、体質が変わることによる黒ずみ発生も発生の原因としては大きなもので、この体質の変化は年齢を重ねるごとに顕著になります。

この年齢による体質の変化の具体的なものの1つにホルモンバランスの悪化と呼ばれるものがあり、これは女性体内の男性ホルモンが年齢と共に増加して健康上の悪影響の引き金になるのです。

肌の黒ずみもこのホルモンバランスの悪化によるものは多く存在し、人によってその程度も異なるので医師による詳しい診断が必要にもなります。

日常生活における肉体的若しくは心理的な強いプレッシャー

さらに、日常生活をどう過ごすかという点も黒ずみの発生には大きく関わってきます。分かりやすく言うと、日ごろ感じる生活上のプレッシャーもデリケートゾーンの黒ずみを悪化させるのです。

特に日本人は肉体的だけでなく、精神的にもプレッシャーを常に受けて生活しています。これらのことによるデリケートゾーンへの黒ずみの発生は、発生そのものがさらにプレッシャーに変わっていくケースも少なくありません。

もちろん、一度発生した黒ずみ治療の一環にてプレッシャーを改善しても、黒ずみそのものが改善する訳ではありませんが、医療機関での治療と併行して黒ずみのできにくい体質への転換を目的に日常生活でのプレッシャーを減らすという行為は大いに役立ってくれます。

デリケートゾーンの黒ずみを治すための対策とその効果的解消法

デリケートゾーンを抜本的に改善するために、効果的な治療や解消法をチェックしていきましょう。

黒ずみ治療と言ってもいろんなパターンがありますが、結局は時間と費用を天秤にかけて自分に合ったものを選んでいくことになります。

その中でも最もメジャーなものを紹介していきます。

医療レーザーを使った根源治療によるデリケートゾーンの黒ずみ対策

最初に紹介するのは、現在最も効果的な黒ずみ治療法として認識されている皮膚科での医療レーザーになります。

レーザー施術は昔のイメージですと、痛みを伴って身体への負担も大きいという実感を持つ方も多いものです。

しかし、近年のレーザー機器は進化も著しく、デリケートゾーン専用の黒ずみ治療用機器も存在しており、気になる施術時の刺激や痛みもかなり軽減されています。

その一方で、1部位の1回あたりの施術費用が税抜で80,000円以上かかるレーザー施術もあるほど、比較的高価な治療費用が発生するのが特徴です。

痛みの少ないレーザーほど施術費用は高価になり、ある程度の資金もあってすぐにでも一定程度デリケートゾーンの黒ずみ除去を果たしたい方はまずベストセレクトになります。

詳しくは皮膚科のページにて紹介します。

医薬品による安定的なデリケートゾーンの黒ずみ解消法

できることなら少しでも費用を節約して改善したい!きっと、そういう方がほとんどでしょう。

それに、デリケートゾーン専用のレーザー施術が進められる医療機関はまだまだ多くないのが実情で、この点を鑑みると医薬品などによる治療が最も手軽に進められます。

日本全国に存在する美容皮膚科系のクリニックの場合、少なくとも医薬品による長期治療はどこでも実現できるのは大きなメリットなのです。

一般的にピーリング剤による色素沈着の改善が大きな流れであり、価格帯も複数部位に対する1回あたりの外用薬治療も税抜で10,000円から始められるなど、コストは想像以上に抑えられます。

ただ、治療期間が長期間に渡るとランニングコストが嵩みますので、取り留めもなく治療をずっと続けるのは予算と相談するべきです。この点は改善状況を見て調整してください。

日常生活における習慣改善によるデリケートゾーン黒ずみの効果的予防策

レーザー施術か外用薬により治療が良いかは個別の事情を考慮するとして、この2つのいずれかを進めるにしても共通して注意しなければならない部分があります。

それが治療を進めてからも、将来的な黒ずみ発生をどのようにして予防していくかについてです。

デリケートゾーンの黒ずみは油断すると改善した後でも簡単に再発しますし、普段見えない分だけ改善後の再発は多くの方がショックを隠し切れません。

実際上、この再発の原因の1つに日常生活における習慣の改善を怠ったことが挙げられ、最もシンプルに言うのであれば早寝早起などの生活のリズムを乱している点にあります。

女性にとって良質な睡眠はトータルでの健康状態を左右するほど重要で、黒ずみの発生しにくい体づくりにも役立つのです。

デリケートゾーンの黒ずみ改善に対するケアの工夫とその注意点

上記にて少し触れた日常生活における習慣改善ですが、この部分はデリケートゾーンの黒ずみ治療後のホームケアにも大きく関連してきます。

例えば、医療機関におけるレーザー治療後には外用薬を含めた総合的なホームケアが必須となり、担当してくれた医師による個別のケアの進め方なども指導を受けるはずです。

しかし、さらに注意したいのはケアをより工夫して効果的にしていくかという視点であり、ここではその部分についていくつか述べていきます。

普段行っている入浴時の洗い方を改善してみる

デリケートゾーンの黒ずみの治療後に再発を予防することは誰しも考えることですが、そのためには入浴時における洗浄方法を見直すことも大事です。

それは洗い方だけでなく、デリケートゾーンの黒ずみ改善用の美容品の活用を徹底することが求められます。

また、治療後にある程度黒ずみが解消するとデリケートゾーンの洗浄もあまり気にしなくなる傾向のある方も多い中で、再発予防がきちんと進められている方は改善後も引き続き気を抜かずに正しい方法にて洗浄されているのです。

食生活の改善を図ってお肌のコンディションを整える

次に多くの方が気付かない日常生活の改善点として、食生活の見直しが挙げられます。

女性の場合、例えば便秘は大敵と言われるほど内臓だけでなく、お肌などの美容への悪影響も相当大きくなります。

この便秘が慢性化すると体内に毒素が蓄積しやすくなり、その影響でデリケートゾーンを含めたお肌の黒ずみが目立ち始めるのです。

そのため、お肌へのケア以外にも食生活の改善がデリケートゾーンの黒ずみの抜本的な解決に必要不可欠で、できることであればこの点も担当医師などに栄養指導をお願いすると良いでしょう。

ケアをする前に黒ずみの発生原因をよく知る

ホームケアを進める場合、治療にて一定の改善が見えた方の中にはその時点で満足してしまう方も実は多いのです。

その一方で、自身のデリケートゾーンにどうして黒ずみが発生しやすいのかという原因の追究をされる方は逆に多くなく、このことがいざ再発してしまったときに困惑を招く要因となります。

しかし、あらかじめ治療時から自身の黒ずみの発生要因を理解していた方は、ホームケアの段階でもそれを意識しますので再発の可能性が自ずと低くなるのです。

医師の診断などからも原因は特定されることも多いので、デリケートゾーンの黒ずみ治療時における原因の特定は必ず意識するようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみは薬局やドラッグストアで市販の商品で解消可能?

デリケートゾーンの黒ずみの原因とその対策についてのまとめ

デリケートゾーンの黒ずみの発生原因は、必ずしも1つではありません。外的要因や内的要因が重なって悪化することもありますし、さらにもっと別の部分に原因が潜んでいるかもしれません。

また、レーザーや医薬品など効果的な治療方法そのものは複数ありますが、原因を理解していないことで対策の効果が不十分に思えたり、再発してしまったりすることもあるのです。

初期の治療だけでなく、黒ずみの発生しにくいデリケートゾーン環境を維持するために、自身の体質や原因をしっかりと理解するようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみ解消におすすめのクリーム

デリケートゾーンの黒ずみ解消にケアクリームを使いたいと考える女性が増えています。専門機関で施術を受けるのはちょっと怖いけれど、デリケートゾーンの黒ずみ悩みは解消させたいと悩んでいるのです。そんなときにおすすめなのが、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームです。毎日ケアを続けて悩みが解消されるなら、どなたでも手軽に始められます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消にケアクリームを取り入れるなら、どんな成分が含まれているのか必ず確認してください。お手頃価格だからと言って飛びついて購入したものの、デリケートゾーンの黒ずみを解消させるおすすめの成分がまったく入っていなけれは効果は発揮されません。専用ケアクリームに含まれている成分の代表的なものをいくつか挙げていきますので、それらが含まれているかどうか確認してください。

例えば水溶性プラセンタですが、胎盤から抽出した美容成分として注目されています。プラセンタにはチロシナーゼという成分が含まれていて、メラニンの過剰生成を抑える働きをもたらします。また、ターンオーバーの働きを促す作用があるため、美白ケアには欠かせない成分のひとつです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームの効果とは?美白成分配合されているかどうか確認しよう

デリケートゾーンの黒ずみ解消のためにケアクリームを使うなら、必ず含まれている有効成分を確認して、それぞれにどんな働きを持っているのか知っておきましょう。グリチルリチン酸2Kは水に溶けやすい性質を持っており、炎症作用をもたらす成分のひとつです。そのため、デリケートゾーンで皮膚炎が生じている場合に有効的な働きによって炎症を沈めてくれます。水に溶けやすい性質のため、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームに配合されやすいのも特徴のひとつです。敏感な肌にも使える安全な成分です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消のケアクリームに含まれていることが多い成分のひとつにビタミンC誘導体があります。角質の深い場所までビタミンCが浸透するので、メラニンのある場所にとても近いところで力を発揮させます。その働きは長時間続くのもビタミンC誘導体の特長です。

デリケートゾーンの黒ずみに解消クリームを使うなら成分表をチェック

デリケートゾーンの黒ずみケア用のクリームは種類豊富に揃っているので、それらの成分表をチェックして黒ずみ改善に作用する成分が入っているかどうか確認していきましょう。

米ぬかエキスも注目されている成分で、天然由来成分が豊富に含まれています。γ-オリザノールのほかビタミンE、植物ステロール、トコトリエノールなど肌を優しく守ってくれる成分ばかりです。皮膚の血行を促進させてくれるので肌のターンオーバーの働きが促されたり、肌表面を刺激から守ってくれる働きももたらします。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームに含まれる成分としてトラネキサム酸も注目されています。メラニンを作るメラノサイトに作用するため、色素陳役を防御する働きを促してくれます。人工的に合成されて作られたアミノ酸のひとつで、抗炎症作用をもたらします。